内視鏡検査

食道・胃・十二指腸をみます。 食道・胃・十二指腸をみます。

当院でははは、"苦痛なく内視鏡"をモットーにしています。経鼻内視鏡導入しています。

内視鏡検査(胃カメラ)はどんな検査?
先端に超小型カメラ(CCD)がついた内視鏡で胃の粘膜を直接観察することにより、色と形状がはっきりわかり、ガン、潰瘍の早期診断が実現されます。
胃の内視鏡検査について御説明します。
(経鼻内視鏡の場合)
  1. まず初めに、胃の内部の泡を消す薬をのんで頂きます。
  2. 続いて鼻腔に局所血管収縮剤をスプレーします。鼻の通りをよくします。
  3. 鼻腔に麻酔薬のゼリーを注入します。局所麻酔ですので眠くなりません。
  4. 次に鼻腔に麻酔薬のゼリーを塗ったチューブを挿入して、鼻腔の局所麻酔を行ないます。これにより鼻腔の痛みが抑えられ内視鏡がスムースに挿入できます
  5. その後、検査台に移ります。この時に不安感の強い方には、鎮静薬を注射します。この注射により、気持ちが楽になり、検査の不安感が緩和されます。
  6. 検査開始です。食道、胃、十二指腸を観察します。検査時間は人によって異なりますが、通常5分程度です。検査画像をリアルタイムでご覧頂きながら検査することが可能です。
  7. 検査後、ポラロイド写真をおみせして検査結果の簡単なご説明を致します。詳しいご説明は、次回外来時(約1週間後)にお話します。

苦しくなかった!と患者さまよりお言葉を頂いております。安心して検査をお受けください。

▲ページの先頭へ