睡眠時無呼吸症候群

いびきがひどい方 いびきがひどい方

CPAP(シーパップ)治療をお試し下さい CPAP(シーパップ)治療をお試し下さい

  • 「睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)」とは、睡眠中に呼吸が止まる病態の総称です。全国民の約2%がSASと言われています。
  • SASは日中の眠気が原因で交通事故の一因となるほか、生活習慣病(高血圧・糖尿病など)や心血管系イベント(心筋梗塞・脳梗塞など)との関連も指摘されています。
  • 検査は手の指や鼻の下にセンサーをつけ、ご自宅で検査を受けて頂きます、いびきや呼吸の状態からSASの可能性を調べます。
  • 治療は、CPAP(シーパップ)療法:経鼻的持続陽圧呼吸療法を行います。CPAP療法は、寝ている間の無呼吸を防ぐために気道に空気を送り続けます。

当院ではSAS診断のために終夜睡眠ポリグラフィーという検査を行っています。睡眠時無呼吸症候群の検査・治療は保険適応です。

▲ページの先頭へ